ヘアーケアは女性にとっては必要な知識

髪は女の命、ということわざがあるように昔から美しい髪を持つことが美人の条件になっていました。
このため世の多くの女性たちは美しい髪を作るために日々努力を重ねてきました。

髪の毛は女性にとっては命

現代はメディアの発達やインターネットの普及によって情報化社会となり、膨大な情報をさほど苦労することなく手に入れることが出来るようになりました。知りたいことがあればキーワードを入れて検索するだけで簡単に情報を得ることが出来るという便利な世の中になったのです。

テレビや雑誌、そしてインターネット上では女性たちが高い関心を持っている美容についての情報がたくさん溢れています。

ヘアケアに関しても髪に良いシャンプーやトリートメント、ヘアパックを始め、美容院やヘッドスパなど様々な情報が溢れています。しかしここで重要なのがそれらの情報がすべて正しいとは限らないということです。なかには間違った情報も存在しています。

自分が髪のために良いと思って行っていたことが実は髪を傷める原因になっていたということも多々あるようです。大切なのはこの膨大な情報の中から何が正しく、何が間違っているのかを見極めることです。そのためにも情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、正しい知識を得ることが必要になります。

また、毛質や毛色などは人によってそれぞれ異なります。100人いれば100通りの髪質があると言っても過言ではないでしょう。そのため他の人と同じようなヘアケアを行っていても自分の髪に合うとは限りませんし、逆に髪の健康を損ねてしまうこともあるでしょう。また年齢によってもヘアケアの方法は違います。

10代には10代に合ったアケアがありますし、50代には50代に合ったヘアケアがあります。
まずは自分の髪質や状態を十分に理解してそれに合ったヘアケアを見つけるようにしてください。
美しい髪を作り、そしてこの先ずっと維持するためにももう一度ヘアケアの仕方を見直してみませんか。

全身脱毛でも安い料金で施術可能です

自分の髪質を知る

髪質は硬い毛や柔らかい毛、直毛、くせ毛など人それぞれで様々なものがあります。

髪質を認識しよう

日本人の髪質といえば直毛とくせ毛の二種類を思い浮かべる方が多いと思います。どうして直毛やくせ毛になるのかというとそれは毛根の形によって決まってくるのです。
直毛の毛根は毛と同じようにまっすぐです。一方くせ毛の方は毛根も曲がっています。毛根が曲がっていることでキューティクルが均等ではなくなって毛がうねったり曲がったりしてくせ毛になるのです。

また髪の毛の硬さを決めるのもキューティクルです。キューティクルは魚のうろこのような形状をしています。このうろこ状の層がたくさん重なるほど髪は硬さを増すのです。髪の毛はキューティクル、コルテックス、メデュラの3層から成り立っており、その中でも毛皮質であるコルテックスが髪のほとんどを占めています。このコルテックスの部分が多ければ多いほど髪は太くなります。

全身脱毛は、口コミを見ると一目瞭然です

ヘアケアでは髪質を改善することが重要になります。髪質の改善にはシャンプーやトリートメント、ヘアパックなどヘアケア商品を使用することが良い方法となる場合もありますが、髪質はその時の健康状態によっても大きな影響を受けています。

健康状態が良いと髪も健康で美しくなりますし、健康状態が悪いと髪にもトラブルが発生しやすくなります。ダメージヘアでお悩みの方はまず自分の生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

睡眠や食生活などを改善することで髪質も変わってきます。

ポリピュアEXの口コミがキッカケとなりました

キューティクルとは

人間の髪の毛は3層構造になっています。その3層の一番外側にあるのがキューティクルです。

キューティクルは魚のうろこのような形をしており、このうろこ状のものの重なりが多く密な状態になっている髪は健康であると言えます。

しかしひと度このキューティクルが開いたり、剥がれ落ちたりすると髪は水分が蒸発しやすくなって乾燥してしまいます。さらに一度傷ついたキューティクルはもう元の状態には戻ることはありません。このためキューティクルが激しく傷つく前に予防措置を取っておくことが非常に大切なことになるのです。

キューティクルを傷つける原因には紫外線や摩擦、カラーリング、そしてドライヤーやヘアアイロン、ホットカーラーなどの過度の熱によるものが考えられます。特に濡れた状態の髪はキューティクルが傷つきやすくなっているため、お風呂上りのドライヤーは出来るだけ短時間で終わらせることが大切です。

さらにシャンプーに配合されている洗浄剤によってもキューティクルが傷つきやすくなりますので、合成界面活性剤が入ったシャンプーは出来るだけ使用しないようにしてください。またタオルドライの際も髪を強く擦ったりすることのないように注意しましょう。濡れた状態で髪をゴシゴシ擦るとキューティクルが剥がれやすくなります。

タオルドライの際は髪をタオルで挟んで叩くようにして吸水してください。
また週に何度かはトリートメントやヘアパックで髪に栄養を与えるようにいたしましょう。
これらのことに気を付けることでキューティクルの傷つきを予防することが出来ます。

全身脱毛おすすめサロンは多くあります